camuna’s diary

不登校 離婚について綴ってます

マチネの終わりに

平野啓一郎の「マチネの終わりに」を読んだ。

 

本の中にはこんな言葉が…

 

「変えられるのは未来だけっておもうけど、未来は過去を変えている…」

 

この本を読みながら

久しぶりに元夫との結婚生活について想いを重ねていた。

 

元夫との過去を消したい。

 

苦しまぎれだったのか本音なのかわからないが、

口論になりわたしに浴びせかけた屈辱的な言葉を、

そんな言葉を吐く人の存在を、

その人との過去の私を、

 

消したい。

 

砂の城が大波にさらわれていくように、

あっけなく、もろく、「ほんとうは形のないもの」を信じて守って生きていた。

 

いつの頃からか、感性が合わないと思いつつ、そんな砂の城を守ることだけを人生の目的にしていた。

 

 

***

 

 

6月は、複雑な気持ちになる月。

 

子どもたちの誕生月なので、

どうしても家族のにおいがする。

 

元夫側のおじいちゃんおばあちゃんが、お正月と誕生日だけ、書留でお金を送ってくる。おもーいメッセージを添えて。

 

「会いたい。もう歳だからそのことを考えて、会いに来て欲しい。ママに言って」と。

 

私の気持ちがグラグラ揺れる。

 

こんなかたちにしたのは、お宅の息子やろーが。

なんにもなかったように、

なんにも私に自分たちの気持ちを伝えずに、

自分たちの希望だけ伝えてくる。

 

かわいそうだと思う反面

やっぱりこの家族、私はムリだと思う。

 

自分の本当の気持ちや

価値観を突きつけてくる相手に、

「向き合うこと」から逃げる人たち。

 

そんな人になりたくない。

 

こんな、みみちぃ気持ちを持ちたくないけど、まだまだ私の中にある正直な気持ち。

 

 

マチネを読んで、

自分の感性に合う人に囲まれて生きていきたいと、

 

改めて思った。