camuna’s diary

不登校 離婚について綴ってます

夕暮れ

この前の水曜日、5時半ごろ電車から降りて家に帰ろうとしていると、

 

ふらふら〜ふらふら〜

のろり〜のろり〜

 

歩いている、うちの制服の男子中学生が目に入った。

 

近づいていくと、

わが子よ〜⁉︎

 

なんでこんないじめられてとぼとぼ帰るみたいなん〜?

いつも、そうなん〜?

 

仕事をして帰るといつも7時半は過ぎているので、帰宅の時間はほぼほぼ家にいない。ましてや帰路の見ることは中学生になってからあったかな?

 

うしろから追いかけて、(すぐに追いつく)声をかける。

 

見つかった!風でもなく、なんとなくうれしそうな顔。

 

単刀直入に「なんでこんなゆっくり歩いてるん?」

 

むすこが語り出す。

 

この帰り道の風景が好きやねん。

ちょうどここからの、この夕暮れの空の色、きれいやと思わへん?

 

この情感を大切に思える、

この景色をちゃんと感じられる

 

感性のある子に育ったことを

こころからうれしく思った。

 

小学生からみんな忙しすぎる。

学校、習い事、クラブ…

 

こんなステキな時間を慈しむむすこ。

ステキな男子になりや。

そのままでいい。