camuna’s diary

不登校 離婚について綴ってます

マチネの終わりに

平野啓一郎の「マチネの終わりに」を読んだ。

 

本の中にはこんな言葉が…

 

「変えられるのは未来だけっておもうけど、未来は過去を変えている…」

 

この本を読みながら

久しぶりに元夫との結婚生活について想いを重ねていた。

 

元夫との過去を消したい。

 

苦しまぎれだったのか本音なのかわからないが、

口論になりわたしに浴びせかけた屈辱的な言葉を、

そんな言葉を吐く人の存在を、

その人との過去の私を、

 

消したい。

 

砂の城が大波にさらわれていくように、

あっけなく、もろく、「ほんとうは形のないもの」を信じて守って生きていた。

 

いつの頃からか、感性が合わないと思いつつ、そんな砂の城を守ることだけを人生の目的にしていた。

 

 

***

 

 

6月は、複雑な気持ちになる月。

 

子どもたちの誕生月なので、

どうしても家族のにおいがする。

 

元夫側のおじいちゃんおばあちゃんが、お正月と誕生日だけ、書留でお金を送ってくる。おもーいメッセージを添えて。

 

「会いたい。もう歳だからそのことを考えて、会いに来て欲しい。ママに言って」と。

 

私の気持ちがグラグラ揺れる。

 

こんなかたちにしたのは、お宅の息子やろーが。

なんにもなかったように、

なんにも私に自分たちの気持ちを伝えずに、

自分たちの希望だけ伝えてくる。

 

かわいそうだと思う反面

やっぱりこの家族、私はムリだと思う。

 

自分の本当の気持ちや

価値観を突きつけてくる相手に、

「向き合うこと」から逃げる人たち。

 

そんな人になりたくない。

 

こんな、みみちぃ気持ちを持ちたくないけど、まだまだ私の中にある正直な気持ち。

 

 

マチネを読んで、

自分の感性に合う人に囲まれて生きていきたいと、

 

改めて思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかわり

褒められたとき、

自己肯定感の低い私は、

「そんなことないです〜」なんて、手を振ってしまう。

 

先輩に教えてもらった魔法のコトバ。

「おかわり🍚」

褒めてもらったら、「おかわり」って手を出して、もう一回心地いい言葉を聞かせてもらう

 

自分にプラスの栄養補給。

 

 

 

 

面会

春休み入ってすぐ、離婚後、初めて父親と次男が面会しました!

面会って離婚用語で、なんか暗〜くあんまりピッタリこない言葉。要するに、会うってこと。

長男のところに遊びに行きたいっていうので、ついでに(笑)会っちゃえば?と思い長男に依頼。

それと、離婚後あんまり日が経っちゃうと、ほんとあえなくなるからなぁ。

 

何にもなかったように、フツーに会い、しゃべり、美味しいものを食べて帰ってきました。 

 

私の気持ちは複雑で、まぁこんな感じやろうなぁと思いながら、どんな距離感なんやろって気になる。

 

ちょっと近い人、でももう家族じゃないっていう感じかな…と観察してた長男談。

そう。もうなんでも話せる家族じゃなく、ちょっと気をつかう親族ぐらいなんだわ。

 

ん…

楽しめて、よかったとホッとする私。

その距離感でよかったとちょっとホッとする私。

ざまあみろ、自業自得じゃと思う私。

 

 

 

 

 

 

 

 

夕暮れ

この前の水曜日、5時半ごろ電車から降りて家に帰ろうとしていると、

 

ふらふら〜ふらふら〜

のろり〜のろり〜

 

歩いている、うちの制服の男子中学生が目に入った。

 

近づいていくと、

わが子よ〜⁉︎

 

なんでこんないじめられてとぼとぼ帰るみたいなん〜?

いつも、そうなん〜?

 

仕事をして帰るといつも7時半は過ぎているので、帰宅の時間はほぼほぼ家にいない。ましてや帰路の見ることは中学生になってからあったかな?

 

うしろから追いかけて、(すぐに追いつく)声をかける。

 

見つかった!風でもなく、なんとなくうれしそうな顔。

 

単刀直入に「なんでこんなゆっくり歩いてるん?」

 

むすこが語り出す。

 

この帰り道の風景が好きやねん。

ちょうどここからの、この夕暮れの空の色、きれいやと思わへん?

 

この情感を大切に思える、

この景色をちゃんと感じられる

 

感性のある子に育ったことを

こころからうれしく思った。

 

小学生からみんな忙しすぎる。

学校、習い事、クラブ…

 

こんなステキな時間を慈しむむすこ。

ステキな男子になりや。

そのままでいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オワリハジマリ

オワリました。

離婚の最後の最後の後始末

 

モト夫の幼少期学生時代のアルバムをモト夫に送ること。

前にもブログにそれに対する憂鬱な気持ちを書いてて…

ヤル気おこらんなぁとおもいながら忙しさにかまけて、月末になった。

ダンボールに私の分と分けてあった。

案外すんなり。

私の写真を送ったら嫌なんで、一応中身を確かめる。

 

前に、家族の写真を整理した時は涙がでてとまらんかった。子どもたちの笑顔が痛かった。

 

はたして、今回は…?

 

「きしょい」って思っただけ。

 

淡々と作業できた。あはは。

 

約束通り、次男の写真3枚入れて送った。2年前に出ていって以来会ってない次男の姿。どんな気持ちで見るんだろ。

 

平昌オリンピックも終わって、

選手たちはまた4年後に向かって走り出す。

 

終わったら始まる。

 

 

 

 

疲れてる

2月中旬からずっと予定が詰まっていて、体が悲鳴をあげている。

最近、自分の体の限界がわかり始めた。

肩凝りがひどくなり、腕がしびれる。

ここまでいったらだめ。

なんとか肩凝りパンパンの状態で沈静化しないと。

今回はこれで乗り越えた。

●ロイヒつぼ膏  温感タイプ(これはすごい臭いだけど、ジュワッって効き感がすごい)

 

●あったかいお風呂にバスソルト

やっぱりゆっくり温めるのにすぎる。普段はシャワーが多いからなぁ。

●マッサージ

やっぱりプロはすごい。子どもに「頼むし5分だけやって〜」ってやってもらうのもありがたいが、プロはまさにツボを押さえてる。

仕事帰りに30分、1700円ほどでこの幸せ。

 

身体はちょっと回復したけど、

休みの日が、身体の休養と日頃の用事(wunder listで管理している)だけで終わっていく。

 

 

文化的な時間を過ごしたい。

 

離婚 最後にすること

離婚届を出して、もうすぐ3ヶ月。

もう全てが終わろうとしている。

 

でも、最後に1つだけ  。

元夫の幼少期からのアルバムを宅配便で送らなくてはならない。

 

送るだけならいいんだけど。

 

私のアルバム、結婚時のアルバム

一緒になってるから、中身をみなくっちゃ。

 

前に子どもたちのアルバムを整理してる時は、涙があふれてしょうがなかった。

胸が苦しくなった。

 

前に元夫の服を捨てた時は、気持ちよかった。すっきりして。

 

今度はどんな気持ちになるんだろう。

 

自分のことなのに、自分の気持ちがわからない。

 

代行サービスでできるかな。

DMMおかん   使えるかな。